リン署長が事故死し、北署に保管されていたドリーマーは跡形もなく消えてしまう。会長逮捕の証拠品は何者かが仕掛けたのだと確信したリンは、ザイティエンとインションに会長の奪回を手伝ってくれるよう頼む。しかしザイティエンの態度ははっきりせず、インションは断固として拒絶する。やがて迷いながらも奪回を手伝うことを決意したザイティエンにインションは激怒し、会長移送の指揮を申し出る。奪回のチャンスが刻一刻と近付く。それぞれの信念を懸けた対立の行方は…?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001