真夜中の首都高速を走る一台の車。やがて車はドンッ!という鈍い音で急停車する。飛び出してきた猫を轢いてしまったのだ。ホラー映画への出演が続き、ホラー・クイーンの異名を取る女優、原瀬京子(酒井法子)は、呪われた家をレポートするテレビの心霊特番にゲスト出演した夜、フィアンセの石倉将志の運転する車に乗って帰路についていた。将志は猫の死体をそのままに車を発進させるが、次の瞬間、彼はおぞましいモノが車に乗り込んでいたことを知る。やがて車はコントロールを失い、壁に激突して大破してしまう。その事故で将志は意識不明の重体となり、京子も重傷を負ってお腹の子供を流産した。だが数日後、彼女はかかりつけの産婦人科で主治医から「お腹の赤ちゃんは順調に育っている」と告げられるのだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001