編集プロダクションで多忙な毎日を送る由加里(広末涼子)は、クリスマスを目前に後輩の美加(有村実樹)から、彼氏へのクリスマス・プレゼントを尋ねられる。彼であるフリーカメラマン・博明(玉山鉄二)とはお互い忙しくなかなか会えないでいた。そして、改めて20歳の頃から8 年の付き合いであることに、ため息をする由加里…。そんな折、久々に博明に会うことになり、嬉しさを隠せない由加里を待っていたのは、突然の別れだった。「俺……好きな人ができたんだ。」―。「俺らはいつも別の方向を向いてて、歩き出そうって思う時、必ず違う方向に一歩を踏みだすんだよ」―。涙し、落ち込んだ由香里は、翌日会社を休み、思い切って髪を切ることに。そして店内で落とした<合い鍵>に、博明と過ごした温かいクリスマスの思い出が蘇る。由加里は彼からの最後のプレゼントに気づく―。それは―。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001