ワールドホテルに向かったアジョンは、集まった報道陣の前に姿を現し、「ヒョン・ギジュン社長は嘘をついていない。悪いのはすべて私です」と告白する。中国から帰国したギジュンは一人で罪をかぶろうとする彼女を必死で探し出すが、"ヒョン社長を脅迫した女性公務員"として、すでに世間の非難はアジョンに集中していた。そんな中、ギジュンはアジョンを繁華街に連れ出し、「この女性を愛しています!」と大声で宣言するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001