ジンが心臓手術で命を落とす可能性もあると知ったピルジュ。エジョンを思うなら彼女の元を去るべきだとジンを責めるが、ジンはむしろ残された時間でエジョンにたくさんの愛情を注ぎたいと反論する。一方、ミナに「もう一度助けてほしい」と頼まれたエジョンは、どうすることもできず思い悩む。そんな中、ピルジュはエジョンとの恋愛ドキュメントを降板したいと申し出る。ところが芸能記者が偶然その理由をかぎつけてしまい…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001