ついに歌謡祭がはじまった。生放送は順調に進んでいたが、ジヒョンがオファーしたバンドのメンバーが同性同士でキスをしてしまう。放送事故の責任を問われたヨンウはクビを覚悟するが、テレビ局の上層部の考えで、ジヒョンが辞めさせられることに。ヨンウは局長に直談判するが聞き入れられない。またもや職を失い落ち込んだジヒョンは「困った時は連絡しろ」と言ってくれたカンミンを思い出す…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001