空港へ向かう道中、チュ会長らによる襲撃の混乱に乗じて、カンウを逃がしたミョンウォル。北行きの計画はあえなく失敗に終わった。一方、ミョンウォルの正体を突き止めたチュ会長にカンウは、父の死を追求しないし、四合書も探し出すから警察には通報しないでほしいと願い出る。ミョンウォルに自首して韓国で一緒に暮らそうと必死に説得するカンウだったが、チェ・リュも今回ばかりは黙ってはいなかった。同時にプロポーズを受けたミョンウォルは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001