IV

 
主人公の記憶を取り戻そうと、親身になって協力してくれるシン。 しかし一方で、恋人同士だった頃の記憶を持たない主人公への接し方に迷い、葛藤していた。 それでも再び彼女と向き合うことを決めたシンは、口を閉ざしていた転落事故の背景、そして自身の心の内を静かに語り出す……

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001