丁立威の祖母に急かされ、大急ぎで結婚式を挙げることになった又青と丁立威。ドレスや新居を選ぶ2人は、何から何まで意見が合わずケンカしてばかり。不安や苛立ちをどこにも発散することができない又青は、母親に"結婚"について諭され、迷い始める。又青から結婚式のことを何も聞かされていない大仁は、台湾用の携帯電話に又青のメッセージが何件も入っていたことに気付き…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001