鈴鹿の提案で花火大会に行くことになった陰陽塾の面々。京子と和解した夏目は、北斗のことを春虎に打ち明ける約束をしていた。穏やかな日常が戻り、仲間たちとの楽しい夏の一日が始まろうとする一方、夏目が男子ではないという事実が倉橋源司たちの間に波紋を呼んでいた。夏目が夜光の転生だと信じていた彼らは、ここに至って泰純の仕込んだ『呪』に気づく。激昂した多軌子は『鴉羽』を持ち出し花火会場に向かった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001