陰陽庁に捕まった春虎を助けるために集まった冬児、京子、鈴鹿。そこに天馬の姿はない。時を同じくして大友と道満もまた、陰陽庁へ侵入する。庁舎前に現れた道満は弓削と宮地に遭遇し応戦。一方、大友の前に現れたのは因縁の相手、鏡だった。庁舎内では、春虎が倉橋源司と夜叉丸の前に連れていかれる。「夏目の蘇生」を条件に、条件に春虎を懐柔しようとする彼ら。そのとき、心傾く春虎の前にコンが姿を現す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001