ダヤン、ウォニル、そしてミヌしか知らないはずの呪文を唱えるスンジを見て、すべてを悟ったダヤン。ダヤンとウォニルから真相を告げられたスンジは、自分が実の孫であることをビョンムには黙っていてほしいとウォニルに頼む。一方、ミヒャンが服のボタンをかける姿を見ていたビョンムは、スンジの癖とまったく同じだということに気づく…。ウォニルは確かな証拠を得るため、スンジと会長のDNA鑑定を行うが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001