ある夜、ヨウルとゴンは山の中で袋叩きに遭っていたガンチを救い出す。意識を失ったガンチを支えながら、ヨウルは「三日月のかかった桃の木の下で出会った縁は避けよ」というソジョン法師の言葉を思い出すが…。その頃、百年客館には、グァヌンが大勢の部下を引き連れて押し掛けていた。ムソルの長男テソは、空室がないことを丁重に告げるが、腹を立てたグァヌンは横暴なふるまいを見せる。知らせを聞いたガンチは百年客館に戻り…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001