2人きりで燈籠祭りを見物し、楽しいひとときを過ごすガンチとヨウル。一方、グァヌンは宮本団主の妻チャ・ホンミョンをもてなすために宴を開く。初めて朝鮮語を話すホンミョンを見たグァヌンは、彼女の正体が気にかかる。そんな中、無形道館の弟子が殺され、朝帰りしたガンチに疑いの目が向けられるが…。そんな中、テソはスパイとしてグァヌンに接近することを決意。ピョンジュンは、ヨウルとテソの婚礼を進めようとするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001