百年客館に現れたウォルリョンは「人間になるのはあきらめろ」とガンチを脅し、コンダル先生を攻撃して姿を消す。自分の血を使ってコンダル先生の傷を治そうとしていたガンチは、ピョンジュンと弟子たちに誤解されてしまう。一方、ホンミョンはテソを部屋に招き、百年客館を取り戻す気があれば力を貸すと申し出る。そんな中、グァヌンが流した噂のことを知ったガンチは、民衆の前で自分が九尾狐ではないことを証明しようとする…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001