誤ってヨウルの腕を傷つけてしまったガンチ。ヨウルの死を恐れた彼は、ヨウルに別れを告げる。涙を流すヨウルを見守っていたゴンは、妙な気配を感じる…。イ・スンシンを訪ねたガンチは夜の散歩に出かけるが、そこに意外な人物が現れる。一方、グァヌンはイ・スンシンの殺害を目論んでいた。無形道館の弟子を買収してヨウルを誘拐したグァヌンは、マルムとオクマンをも人質に取り、ガンチにイ・スンシンの首を取ってこいと命じるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001