シャオドンは"自慢の父親"になるためヤングァンの運動会へ向かおうとするが、直前で取り立て屋に捕まってしまう。落ち込むヤングァンを前に、ハオフォンは自ら父親役を買って出る。そんな彼の優しさにシャオシアは少しずつ惹かれ始め…。そんな中、チェンおじさんはシャオシアが天性の味覚の持ち主だと知り、チェン家の料理を伝授することに決める。その日からハオフォンとの特訓が始まった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001