酒に酔ってケガをし、道端で倒れていたリーヤンは、通りがかりの女性に介抱される。命の恩人である彼女を母親のように慕うリーヤン。しかし、その女性こそが彼の実の母親・マンリーであり、彼女は亡き夫の兄・チェンおじさんから店を奪うためリーヤンに接近したのだった…。何も知らないリーヤンは、マンリーに説得され悦龍門に戻るが、それから毎日のようにマンリーの元へ通うようになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001