シンホイの妊娠を知ったハオフォンは、責任を取るため、チェン家を出てシンホイの面倒をみることを決心する。シャオシアもまた、チェンおじさんから貰ったお金で店を開き、独立することを決意。2人は互いを想いながらも、再び離ればなれとなってしまう…。そして、遺言状通り悦龍門はリーヤンのものとなるが、マンリーは内装から料理の味までチェン家の伝統を捨て、すべてを変えようとする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001