ハオフォンがシャオシアを想い続けていることに不安を覚えたシンホイ。ハオフォンを自分のものにするためシャオシアを呼び出し、「彼と会わないでほしい」と言う。シャオシアはハオフォンを愛するがために、彼に別れを告げる。そして、それを聞いたハオフォンもけじめをつけるため、シンホイとの結婚を約束する。同じ頃、シャオシアの居場所を突き止めたリーヤンが、彼女を訪ねて来るが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001