船乗りの職を得たシャオドンは、ある日道端でヤングァンとぶつかり、彼が手にしていた模型を壊してしまう。後にその少年が自分の息子だと知ったシャオドンは、ハオフォンの助けを得て改めて再会を果たすが、ヤングァンはシャオドンを受け入れようとしない…。その頃、悦龍門ではマンリーが記者会見を開く。その様子をテレビで見たシンホイは、自分を手助けした人物がマンリーだと気づき…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001