マンリーは悦龍門のチェーン店化を進める一方、売り上げ低迷に悩み、知人から多額の借金をしてなんとか凌いでいた。馴染みの客からも「味が変わった」と不満が寄せられる中、チェン家の味を守り続けるハオフォンとシャオシアの屋台が評判を呼ぶ。そこで、マンリーとリーヤン親子は、兄弟のどちらがチェン家の正式な後継者かケリをつけるため、ハオフォンに料理対決の挑戦状を叩きつける…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001