シオンは、ヒョンジュンが6年前の仁川港事件で死んだ人物であることに気づくが、それ以上のことは思い出せずにいた。ムン・フンジュ警視監に事件のファイルを見たいと頼むも、閲覧不可のため難しいと告げられてしまう。独自に調査を始めたシオンは、事件当日、現場に最初に出動した刑事カン・ウチョルに会いに行くが…。一方、ヒョンジュンは自分の言葉を唯一理解することのできるヒビンを通じて、ある車のナンバーをシオンに伝える。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001