ハイルンとの結婚を真剣に考えるウェイティンだが、彼女の父親であるシェン会長の猛反対にあってしまう。傷ついたウェイティンは、アンレイに悩みを打ち明ける。アンレイは親友として平静に振る舞いつつも、ウェイティンへの想いを断ち切れずにいた。そんなアンレイにイーカンが「決心さえすれば、過去の恋は忘れられる」と言い放つ。「そんなに簡単に忘れられるはずがない」と反発するアンレイは、ある企みを思いつくが…!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001