「過去の恋に未練はない」と豪語したイーカンだったが、ハイルンとウェイティンの仲の良さを目の当たりにし、動揺を隠しきれない。一方、仕事の面では辞職を決意したものの、ウェイティンのことは諦めきれないアンレイ。そんな彼女にティファニーは、イーカンと共同戦線を張ってウェイティンとハイルンを別れさせることを提案する。しかし、自分の幸せのために他人の仲を引き離すことには抵抗のあるアンレイだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001