「このまま一生、独身かも」という不安に駆られたアンレイは、ウェイティンとハイルンを引き離すために手を組むことをイーカンに提案する。しかし、「そんなことはできない。最低だ」と拒否され、険悪な雰囲気になってしまう。一方、新商品のマーケティングを指揮するハイルンは、旅行講座の開催と贈答品の配布を提案。その講座の講師にはウェイティンが、贈答品のデザイナーにはイーカンが適任だとアンレイは考えるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001