シェン会長の思惑を知りながら、それをウェイティンに知らせなかったアンレイ。そのことをウェイティンに問いただされ、思わず本心を打ち明ける。その様子を見ていたイーカンは、アンレイに「ウェイティンと恋人になる時機は過ぎている」と言ってしまう。言い過ぎたことを後悔するイーカンだが、傷心のアンレイは夜になっても帰って来ない。その頃、アンレイはウェイティンの家へ行き、最後の告白をするのだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001