ウェイティンへの想いを振り切るために、アンレイはイーカンと苦手な観覧車に乗る。イーカンのおかげで恐怖は自分の想像が作り出していると知ったアンレイ。この時から、2人の間にはこれまでとは違った空気が流れ始める。必要以上に周りの目を気にし、あくまで同居人として、上司と部下としての関係を保とうとするアンレイ。そんなアンレイを前にイーカンは、ますます彼女の考えていることが知りたいと思うようになっていく…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001