想いが募るにつれ気まずくなっていくアンレイとイーカン。気持ちをごまかそうとすればするほど、逆に誤解が生まれ、溝は深まっていく。頑なな態度を取るアンレイに、イーカンは自分が嫌われているとさえ思い始める。傷心のイーカンは、知り合いのルールーが働くパブで酒を飲み、泥酔してしまう。酔ったイーカンに手を貸して、家まで送り届けたルールー。人の気配に気付いて出てきたアンレイが、そこで目にしたものは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001