サイモンの告白まで加わり、こじれていくアンレイとの関係に、イーカンは一度距離を置くことを選択する。置き手紙を残してイーカンが家を去った後、アンレイはイーカンの存在の大きさに気付き、彼がいない生活に違和感を覚えるのだった。一方、会社ではサイモンのミスから巨額の損失が発生。その半額を上司であるアンレイが負担することになってしまった。負担金をねん出するために、アンレイはやむなく家を売却する決心をする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001