イーカンが去ってから、アンレイは心に穴が開いたような日々を送っていた。そんな中、イーカンが残していった数枚のメモを見つけたアンレイ。そこに書かれたイーカンの想いを読み、改めて彼のいない生活になじめないことを痛感する。そんな矢先、アンレイが売りに出した自宅を買いたいと言う人物が現れる。不動産業者に連れられてやってきたその人物は、なんとイーカンだった! 彼の口からアンレイに告げられた言葉は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001