チェ会長の葬儀が社会葬になってソユンが仕切れば、彼女がソンジンの後継者として世間に認知されてしまう。危機感を募らせるウォンジェは自分が喪主となって家族葬にするべく家族内で多数派工作するが、ソユンは彼を欧州へ追いやろうと画策。だが、ウォンジェは、社会葬となることによってハンソン製鉄の買収競争で不利になることを恐れるテジュやミンジェと組み、ソユンの機先を制して記者会見を開き、家族葬にすると発表してしまう…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001