テジュが検察に召喚されることになるが、彼は検事総長を買収しようとするソユンを制し、株主総会までに嫌疑を晴らして帰ってくると宣言。なかなかテジュの犯行の証拠を手に入れられないドンフィにミンジェは、証拠を捏造してでもテジュを逮捕しろと命じる。そんな中、ソンジェはソユンを助けるために、違法と知りながらソンジン学園の資金でセメント株を購入。やがて事件の凶器のナイフが発見され、テジュ逮捕は時間の問題と思われたが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001