ハン・ユラ死亡事件を追う報道陣から逃れるためミンジュンの家に避難したソンイは、自由奔放なふるまいで彼の心をかき乱す。一方、フィギョンは財閥の権力でソンイの汚名を晴らそうと父のイ会長に助けを求め、両親をあきれさせてしまう。そんな中、突然ユラの遺書が発見される。どこか腑に落ちないものを感じたユ検事は、他殺の線から捜査を続行。パク刑事は美容院の監視カメラの映像にもミンジュンが映っていることに気づき…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001