ブレーキのきかない車に乗せられ、崖から落とされそうになったソンイ。ミンジュンは瞬間移動してソンイを救い出し、すぐにその場を去る…。病院から自宅に戻ったソンイは、何者かに荒らされたリビングを見て悲鳴を上げる。ミンジュンは他に行くあてのないソンイをしばらく自宅に泊まらせることに。ソンイは、ミンジュンが左手に包帯を巻いていることに気づくが…。一方、セミは片想いの相手に告白するべきだとフィギョンに言われ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001