ソンイにキスをし、またしても気絶寸前になったミンジュン! ソンイは真っ青な顔で倒れているミンジュンを車まで運び、猛スピードでマンションへ向かう。翌朝、登校しようと玄関を出たユンジェは、ソンイがミンジュンの家から出てくる姿を目撃してびっくり。姉に対する気持ちを確かめるべく意を決して彼の家に乗り込むが…。一方、ようやく意識を取り戻したフィギョンは、事故当日の記憶があやふやになっていることを家族に告げる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001