カーラーンの最期の言葉を確かめるため、ダリューンとナルサスは、アルスラーンと離れ、敵の手に落ちたかつてのパルス王都へと潜入する。そこでふたりが見たものは、思わず顔をしかめるような、非道かつ醜悪な敵の振る舞いだった。
一方、アルスラーン、エラム、ギーヴ、ファランギースの4人は、敵に備えながら森の中に身を隠していた。しかし、水を汲みに出かけたアルスラーンは、偶然目撃した、敵兵による略奪を見過ごすことができず、思わず飛び出してしまう。
そして彼は、三年前に出会った元・奴隷の少年と再会する。
一部隊を率いる立派な兵となった少年と、旧交を温めるアルスラーン。だが、会話を続けるうちに、二人のあいだにある、埋めがたい溝を意識するのだった……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001