神前決闘。それは、決闘の勝者を神々の名において正義と認める、シンドゥラの特殊な裁判である。
シンドゥラ王の決定により、次期国王位をめぐるいさかいは、神前決闘によって収められることとなった。アルスラーンは、ラジェンドラからその戦いにダリューンを自身の代理を務める戦士として貸して欲しいと頼まれ、了承する。
パルスの誇る最強の騎士であるダリューンが、通常の相手に後れを取るなどありえない。仲間の誰もがそう感じていた。しかし、対戦相手が代理人として連れてきたのは、およそ人間離れした、怪物同然の狂戦士であった。
さしものダリューンも苦戦を強いられるが、誇り高き騎士は、その力を存分に発揮し、勝利をものにする。しかし、そのとき……!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001