王太子アルスラーンの名にもとづき、「ルシタニア追討令」と「奴隷制度廃止令」が発された。それを受け、アルスラーンの下に、各地から数多くの諸侯や武将たちが集う。とはいえ、その裏にはさまざまな思惑がある様子。さらに、大勢の人間が集まるということは、これまでには考えられなかったようないさかいが、軍の中で起こりかねないということでもあった。
騒動を事前に収めるため、策を講じるナルサス。さらに彼は、アルスラーンに対して、王位への確固たる覚悟を求める。しかしアルスラーンは、まだどこか迷いを振り払えない。そんな中、ペシャワールの城内に、思わぬ人物が紛れ込む。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001