マンリンはユーを連れて孤児院へパンと羊乳を届けに行く。子供が苦手なユーは文句を言いながらもかかし作りに参加し、夜はマンリンとともに屋台を満喫する。しかし、だんだんと庶民の生活に馴染んできていることに危機感を覚え始めたユーは、マンリンに内緒で台北に向かう。同じ頃、シュウウェンに呼び出されたマンリンは、自分を指名してきたという新たなお見合い相手を紹介されて…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001