マンリンはウェイチョンに誘われ、久しぶりに孤児院を訪れる。子供たちの絵が増えていたり、何人かは養子先が決まっていたり、以前と雰囲気が変わったことに気付くマンリン。行儀よく食事をする子供たちの仕草を見るうちに「ユーがここにいる」と確信したマンリンは、子供たちの支援に力を注ぐ彼の姿を見つけるのだった。果たしてマンリンとユーは再び結ばれることができるのか―!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001