交渉が決裂し混乱する金軍の陣から、岳飛は劉コウと逃走。深手を負った劉コウは、宗沢を頼るよう言い遺し崖から身を投げる・・・。相州の宗沢 は武闘大会を催し、優れた武将を集めようとしていた。張用に連れられ岳飛も大会に申し込むが、受付の王ショウに難癖をつけられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001