牛皐と桂娘と結婚式を挙げ、岳飛や義兄弟が祝福する。時を同じく韓世忠は朝廷の要請で梁紅玉を残して出陣する。金では太宗の臨終が迫っていた。後継の地位を狙う粘没喝と接した太宗は、粘没喝が野心を膨らませた原因は自分の育て方にあったと悔やむのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001