岳飛は襄陽六郡を跋扈する山賊・劉豫と戦い、二ヶ月を賭して六郡をほぼ奪回する。金では議論の末、熙宗が兀朮に劉豫救援を命じるが、粘没喝は反対し席を立つ。失地回復を宋の民は大いに喜ぶが、現状に満足していた高宗は金がさらに宋を脅かすことを危惧する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001