秦檜から岳家軍撤退の報せを受けて、兀朮は六郡に攻め込む。だが岳飛の策で伏兵に遭い、兀朮の軍は大敗を喫してしまう。金の漢化を推し進めたい熙宗は兀朮と粘没喝が対立し国が乱れることを不安視。兀朮の妻であるレイ児も、兄・粘没喝との一触即発な状況を憂慮していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001