和解に反対し秦檜に詰め寄られた趙鼎は退官し暗然と立ち去る。岳飛は秦檜の本性を手紙にしたためるが高宗は陣営に戻るよう命令するばかり。高宗に代わり金の使者に跪く秦檜の姿を見て、嘆き悲しむ群衆の中から、素素と張用が率いる黒衣の集団が秦檜に襲いかかる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001