岳家軍に葫蘆山を包囲された兀朮の軍は、大量の死傷者を出し惨敗する。この時、兀朮は自らをおとりにした岳飛に完全に謀られたことを悟る。敗戦連きで立場を失った韓常は、同じ宋人の宇文キョウ中に諭され、金の陣営に潜入した素素を介し宋への亡命を決意する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001