撤退しない岳飛に苛立つ高宗は十二通の金牌で勅令を下す。金牌の内容は一通毎に厳しさを増し、最後の十二通目には、命令に背けば内乱罪で処罰すると記されていた。梁興と素素は、伝令官の秦キから金牌を奪おうとするも討ち負かされ、重傷を負った粱興が命を落とす。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001