ついに十二通目の金牌が岳飛に届けられた。勅命に背けば岳家軍は後方の張俊・韓世忠軍とも戦わねばならない。意気消沈した岳飛は涙をのんで命令に従う。別れの日、朱仙鎮の民は岳家軍に留まるよう懇願するが、岳飛をはじめ、全武将が跪いて民に深々と謝罪する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001