大晦日、大理寺で昔を思い返す岳飛に、万俟セツが死刑を宣告する。家族に別れを告げ、最後まで誇り高く、何者にも屈せず岳飛は刑に処される。兀朮は彼の位牌に跪き、韋夫人は敬虔に般若心経を書き写す。そして民衆は悲痛な思いで最後の英雄の死を悔やむのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001